ご挨拶

会長あいさつ 

2020~2021年度会長 長堀 洋

2020〜2021年度RIホルガー・クナーク会長(ドイツ)テーマは
「ロータリーは機会の扉をひらく」Rotary Opens Opportunities(オポチュニティー)
私たちの人生には多くの可能性が満ち溢れています。その可能性をつかむには様々なアプローチの扉があります。
機会の到来、すなわち好機は待っているだけでは訪れません。行動してこそ道は開きます。
ロータリーこそ仲間と手を取り合って行動し、より豊かで意義ある人生の機会の扉を開けてくれます。

そして、2570地区ガバナー相原茂吉氏は地区テーマを
「Let’s make fellows!」[友達をつくろう]としました。
皆さんをRotaryに引き付けるのは友情と人脈作りの機会です。
積極的にRotaryの扉を開き一緒に活動し、自分のクラブはもちろん他クラブ、海外クラブまで、出来るだけ多くの友達を作りRotaryの魅力を享受しましょう。

以上のテーマに基づき、私はこう考えます。日本の茶道の教えに「相客に心せよ」の言葉があります。すなわち気を配りなさいということです。
同じ場所に居合わせたら、お互いに気遣い、思いやりの心を持つようにということです。第一に家庭です。
そしてクラブメンバーはもとより、会社、地域においても相客に思いやりの心で接すれば、相手にも伝わるはずです。
今後の人生においての新たな友人となり自己研鑽と楽しいクラブライフの機会が出来るよう進めて参ります。

幹事あいさつ 

2020~2021年度幹事 市川 悦廣

会長の方針に従い、会の運営・活動が円滑に進行できます様、情報伝達と記録をしっかり行ってまいります。
ご協力の程、宜しくお願い致します。