年間行事

年間活動予定表

7月から12月

1月から6月

クラブ奉仕委員会 

委員長 福島 静雄

これからも、クラブの充実した委員会活動に努力しよう

 

1.各委員会に炉辺会合の実施。

2.会員増強の意識を会員全体に求める。

S A A  

担当リーダー 山科 徹芳

副リーダー 小沢 経広

委員   市川 悦廣

 

 例会の円滑な進行に努めます。

 

  1. 時間配分を考慮しスムーズな進行に努める。
  2. 細目な座替えで会員の交流に努める。
  3. 食事のロス低減に努める。

会員増強委員会

担当リーダー 長谷川 健一 

                                副リーダー  立川 孝

委員 内田卓之・栗田喜行

 

会員増強は組織を末永く存続し維持するための運動です。若々しく活力のあるクラブライフを楽しむためには、是非とも会員一人一人が増強に力を貸し、仲間を増やすことに専念する必要があります。今年こそ会員一人一人が自覚をもって、会員増強に邁進致します。

 

1、会員間の情報を密にし、入会希望者を掘り起こす。

2、会員増強3名目標。

出席・ニコニコ 

担当リーダー 内田 卓之

 副リーダー 高橋 正行

  委員 藤崎榮一・齋藤弘一・田中英治

 

クラブの活発な活動を支える、会員の皆出席を目指し、明るく楽しい例会が出来るよう努力します。

喜び、感動の気持ちを会員で共有し、皆様からの貴重な浄財をニコニコにご協力いただき社会奉仕活動等の財源として活用させて頂きます。

 

1、委員会のメンバーは会員,ゲストの来場前に受付を開始する。

2、例会欠席者等へ声掛けし出席率向上につなげる。

3、ニコニコボックスの目標額を達成する努力をする。

親睦活動 

担当リーダー 福島 静雄

   副リーダー 深田 順市

                                委員 中野俊明・澤田修・倉沢延寿・田中英治・有岡俊高

    

30周年にふさわしい企画を行う

諸行事は担当制にして行う

全員が参加出来る親睦活動に努力します。

   

 

1.例会受付は、2名から3名で2ヶ月間行う。

 7・8月 福島・深田・有岡  9・10月 中野・田中  11・12月 澤田・倉沢 

 1・2月 福島・田中・有岡  3・4月  中野・深田   5・6月 澤田・田中・倉沢 

2.会員・家族慶事は、当月担当が発表

3.親睦ゴルフ(年間2回)     →深田・福島・

4.親睦旅行(日帰り旅行)   →福島・田中・中野

5.クリスマス例会                →倉沢・田中・澤田

6.新年会                   →中野・倉沢・深田 

7.観桜会及び連光寺座禅例会 →澤田・有岡

8.その他

クラブ会報 

担当リーダー 藤崎 榮一

                             副リーダー 小林 甲一

                   委員 長堀洋・小沢経弘・中野俊明・立川孝矣

 

 

週報はクラブの記録なので、例会の内容と活動記録を正確に記録する事に努める。

 

  1.  担当者の原稿は3日以内に事務局にFAXしてもらう様お願いする。

  2.  例会後2週間を目途に発行できる様努める。

  3.  クラブ会報担当として協力しながら運営して行く。

研 修

 

担当リーダー 長堀 洋

                           副リーダー 堀尾 素久

 

研修を通じて会員の為にロータリーの知識を高めるようにする

 

1.地区研修会に出席をする。

2.内容を継続的に会員に伝えお互いの知識の向上

3.新会員にオリエンテーションを定期的に実施する。

 

職業奉仕委員会 

委員長 鎌田 政稔

 

ロータリーは職業人の集まりである。「ロータリーの目的」で示されているようにロータリアン各自の職業において倫理観を持ち高潔さをモットーにして事業を進め、奉仕活動を実践して行きましょう。

 

1.四つのテストの唱和

2.「ロータリアンの行動規範」を学び実践して行く

3.会員の職業に関する卓話、ゲストの企業卓話

4.職場見学、企業訪問を通して、仕事はすべて価値あるものという認識を深める。

5.1月の職奉月間に地区委員長を招き、職業奉仕の概念をシェアする。

 

プログラム

 

担当リーダー 鎌田 政稔

                               副リーダー  立川 孝矣

                          委員 長堀洋・内田卓之・小林甲一

 

 

 先ず、会員同士の理解と親睦を深め、共にロータリーライフを楽しみましょう。

 外部講師の卓話から未知の世界を知る。

会員旅行や地域、日本、世界のロータリーなどのイベントに参加、視野を広げ、喜びを共有してまいりましょう。

 

1.会員の卓話、特に前年度未達のパスと会長卓話など。

2.ゲストの卓話、テーマは健康、歴史、経済、国際、芸術、スポーツ、音楽など。

3.企業人の卓話、企業PR。

4.ロータリーの強調月間に関する卓話。

5.ロータリー財団奨学生、米山奨学生など若い人達を例会に招く。

 

職業奉仕倫理

担当リーダー 間中 康夫

                                 副リーダー 落合 真

 

職業を通して社会に貢献し、自己の職業に感謝の心を持ち、職業奉仕の理想に努めます。

1、ロータリアン職業奉仕宣言を唱和する。

2、会員の仕事の紹介、卓話をお願いする。

会員職業選考 

担当リーダー 内田 庄治

   副リーダー 小沢 経広

 

1.入会予定者がロータリアンとして適性を満たしているか否かを判断し、また職業分類表に沿って適切に審査し分類して理事会に報告する。

  更に、会員増強を図らなければならない状況下でも、相当なる人格と経歴を有しているか、またロータリー活動の継続可能か等を基準として選考する。

2.関連する委員会と連携して会員増強に寄与する。

社会奉仕委員会 

  委員長 澤田 修

社会奉仕・環境推進 

担当リーダー 澤田 修

        副リーダー 深田 順市

 委員 栗田喜行・久保田一男・齋藤弘一・間中康夫・田中英治・飯島繁文

 

社会奉仕・環境推進委員会は、RCの奉仕活動の中でも重要な委員会と捉え、社会に貢献し、より良い環境作りの一助となるよう努める。

 

 1.市役所玄関前、プランターの花植え等の実施(5月、11月)

 2.被災地への支援活動(国内外)

 3.ゴミゼロ運動への啓蒙活動の実施

 4.市内4クラブ共同事業に参画する

 5.不要カレンダーの有効活動

 6.その他出来る事へ積極的に取り組む

 

国際奉仕委員会

委員長 中野 俊明

国際奉仕

 

担当リーダー 中野 俊明

     副リーダー 鎌田 政稔

委員 齊藤 正身

 

昨今のこの複雑化し、また急速に変遷する世界情勢を間近に見る21世紀において、如何に国際奉仕活動をすべきか、より一層難しい状況を呈しています。

しかし、より豊にになる一方で貧困、紛争などで苦しむ人達もまだまだ沢山います。国際奉仕活動はその改善のため。まずは例年通りの活動を粛々と行っていきたいと

思います。 

 

1.「基本的教育と識字率の向上」を図る活動                         

  ・ミャンマーへの教育支援                              

  ・フィリピンへの教育支援

2.「水と衛生」に関する環境保全活動                            

  ・タイ 飲料水浄化装置設備支援                            

  ・パラオ 医療活動支援

                               

以上事業のための皆様のご支援をお願い致します。

 

青少年奉仕委員会  

委員長 深田 順市

青少年 

担当リーダー 深田 順市

副リーダー 田中 英治

委員 市川悦廣・長堀洋・間中康夫・立川孝矣

 

川越中央ロータリークラブ杯や青少年のスポーツイベントを支援して当クラブの活動をPRし青少年奉仕活動を行いたいと思います。

 

1.第26回川越中央ロータリークラブ杯を9月2日、9日に主催する。(予備日9月17日)

2.川越市武道大会への支援

3.こども相撲大会への支援

ロータリー財団委員会 

委員長  倉沢 延寿

 

ロータリー財団の役割は、地球上からポリオを撲滅し教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて世界理解・親善・平和を達成できるようにすることです。

そしてその資金はロータリアンの自発的寄付によって支えられておりますので、本年度も会員にこのことを理解して頂き寄付の協力をお願いする。

 

1.財団寄付目標達成 200$(100$は個人、残り100$はクラブ会計より)

2.社会奉仕・国際奉仕・青少年委員会の活動に地区補助金を活用する。

3.全会員にロータリーカードに加入して頂き財団への寄付に協力する。

4.財団を通じて実現された数々の活動をクラブに報告する。

米山記念奨学委員会 

   委員長  久保田 一男

 

平和を愛し、国際親善と、青少年の育成援助に尽力した米山梅吉翁の偉業・精神を受け継ぐ意味で、日本で学ぶ外国留学生を支援し、友情を育むことで「平和日本」を肌で感じてもらいたい、そんな願いを込め、始まった奨学事業が米山記念奨学委員会です。この趣旨をご理解して頂き活動してまいります。

 

1.普通寄付 6,000円+特別寄付10,000円で16,000円の寄付をお願いいたします。

2.米山月間には、奨学生と地区担当役員の卓話をお願いいたします。

3.米山奨学生 郭(くお)書寒(しょはん)さん[ハンちゃん][台湾・台南市]の世話クラブとして鎌田政稔会員にカウンセラーをお願いいたします。